岡山 出会い

恋愛コラム記事一覧

女性が男性に求める三大きっかけ

青春クライマックスの女性は、セルフの男性に満足することなく、同時に複数の旦那と恋できると言われています。 こういうと一途な恋愛ロジックのヒューマンは怒るかもしれませんが、これが人間の精神、相性だから仕方ないとしか言えません。 女性はホルモン割合が揺れ動き易く、旦那と交際している時が最も精神的にも身体...

≫続きを読む

 

女性は紳士の書き込みに過敏

男世間とお母さん世間とを比べて見ると、お互いのメンタルの距離や物理的な遠近イメージなどが まったく違うことがわかります。 男性は同性の男そばであってもふざけて悪口を言い合ったり素っ気ない行いを とることが普通であり、その事態自体を男同士で気にすることもあまりありません。 詰まり乾きでサラッとしてるゆ...

≫続きを読む

 

男女の新密度は会う時間に比例する

お互いに好意を持っている男女、アベックやカップル、妻と彼氏の関わりなどで 付き合っているユーザーとの 運気選択に使えるロマンス心トリビアだ。 情愛の深さやかさを比較する場面、知らないやつはちょこっと悩みますが、こいつには明確な答えがあります。 それは、会っている時の長さ=情愛の深さなのです。 やつは...

≫続きを読む

 

男は一、婦人は最後になりたがる

誰しも別れた初恋のライバルや初めての女房や妻などの事を思い出すことはあります。 実はこの時点で男女の内は違う傾向を見せます。男性はようやく好きになった人の事をいつまでも未練チマチマで好意を持っている傾向があります。 元カノやいよいよ付き合った妻の昔話を武勇伝のように楽しそうに話す男性はたくさんいます...

≫続きを読む

 

恋は自信が無いと成功しない

彼や女房いない歴イコール階層の人の陰には必ずと言っていい程、「自分に自信が無い」 というものがあります。 確かに確信は過去の実績によって形作られる手法なので自信が持てないのも仕方のない点もあります。 しかし、心理的に自信を持てないという邪魔を乗り越えなければどうにも人付き合い目標はゲットできません。...

≫続きを読む

 

30歳代一人暮らし独身男女の異性心的

ティーンズ、20代の若い頃、青春ご時世と呼ばれるタームは恋愛に積極的で 気になる好きな異性がいたら、口説いたりデートに誘うなどのアプローチをしていた 男女も、30代以上にもなると段々恋愛に慎重になる傾向があると言われています。男性心理としては、自分のホビーに富を使いたいですとか、面食いで年下の華麗や...

≫続きを読む

 

惚れたトラブルの内面

惚れた泣き所という言明がある。 一度惚れこんでゾッコン状態になってしまうと欠損だと言われる。 好きな目当ての事なら少々無理なことでもハイハイと承諾して言うことを何でも聞いてしまう。 嫁入りペテン師に騙される系統の女性は、うまいこと惚れさせられてしまっている。 女性は嫁入りをちらつかせられると結構目当...

≫続きを読む

 

婚約してても遠路だと安心できない

精神学にボッサードの定めというものがある。 「潜在的な成婚標的を分離している隔たりと成婚数との間にはあべこべの関係がある」という考え方。 つまり、簡単に言ってしまうと成婚に至るまでの拍子、お互いのいるエリアが離れていればいるほど、 その二人が結婚する不安は薄れるということです。 ボッサードがアメリカ...

≫続きを読む

 

自社ロマンス、仕事場ロマンスの心音ありしるし

会社員、おとな、サラリーマンになると学生時代は一風変わった関係の 恋をするようになる。男女が入り混じった会社、自社での恋は 酷いという周囲やジェラシー、付き合っている通りがけや失恋して別れた引き返しまで 、自社でいたたまれない状況が流れたり三角関係で仕事をやりづらくなったりする。 自社恋推奨の会社も...

≫続きを読む

 

亭主ができない事由、夫と夫人の印象

いつまでも独身、ひとり暮し状態で妻や彼女ができないと耐える男女は大勢います。 人口の約半分は特定の恋愛の先方がいなと考えられており、もっと最近の20歳フィー、30歳フィーの 内的調査をした結果によると、彼氏がいない第三者が7割合も増加しているという驚きの結果が出ていた。 ロマンス系の読み物や、彼氏と...

≫続きを読む